目元のしわを改善するケア方法

目元にできるしわの原因

最近目元のしわが気になるようになった方は、しっかりと保湿ケアを行う必要があります。年齢を重ねると、真皮層や角質層にあるセラミドとコラーゲンが減少していきます。肌の保湿力が年々低下することで、肌が乾燥してしまいます。特に目の周辺の皮膚は非常に薄く、顔の中で最も乾燥しやすい部分です。肌の乾燥が細かく浅いシワを生み出し、目元にしわができてしまいます。目元のしわを改善するためには、減少するセラミドとコラーゲンを肌に与えることが重要なのです。

目の周辺は美容液が有効

肌にセラミドやコラーゲンを与えるためには、美容液を使うことが有効です。他の顔の部分であれば、化粧水や乳液でも十分です。しかし、非常に薄い目の周辺の皮膚に有効成分を浸透させるためには、美容液でなければなりません。また、美容液をつける時には、力は絶対に入れないよう注意しましょう。力を入れると薄い皮膚が大きなダメージを受けてしまいます。せっかくの美容液の効果を実感できないばかりか、しわの原因となってしまいます。

ヒアルロン酸で肌を保護しよう

セラミドやコラーゲンを目元に与えた後は、ヒアルロン酸で肌を保護するようにしましょう。一般的なヒアルロン酸は分子量が大きいため、肌には浸透しません。その代わり肌の表面の水分保持量を高めてくれるほか、肌内部の水分の蒸発を防いでくれます。わずか1gで6Lもの水分を保持する力があるヒアルロン酸に肌を守ってもらい、目元の乾燥を防ぐことをおすすめします。深いしわとは異なり、目元のしわは自宅でケアが可能です。毎日美容液で目元をケアし、しわを改善させてみてはいかがでしょうか。

美容液は一般的に化粧水、乳液の後に塗るものだとされています。しかしながら特に感想のひどい冬などは化粧水の後に美容液を塗り、最後に乳液で保護することにより、高い保湿効果が期待できます。