知りたい!ほうれい線が出来てしまう3つの原因

間違ったケアによる乾燥

肌に潤いがなくなり乾燥した状態になると、ハリがなくなってしまいます。これらの原因により一時的にたるんでしまうと、肌にほうれい線が出来やすくなるのです。しかし一般的に10代から20代の間は、自然と肌に潤いが保たれるようになっているのです。この年代でほうれい線が出来てしまうのは、クレンジングや洗顔を間違った方法でやったために肌が乾燥状態になっているという事なのです。正しいクレンジングや洗顔方法で潤いのある肌を保つのが、ほうれい線の予防法と言えます。

顔の巡りが悪い事が原因に

体の巡りが悪くなると、顔がむくみやすくなります。そのため顔に老廃物が溜まってしまい、その重みによってほうれい線が出来やすくなるのです。例えば水分や塩分やアルコールを取り過ぎたり、パソコンをし過ぎたり、猫背になったりする事で、血液の循環が悪くなりやすくなるので注意が必要です。また睡眠不足も血液の循環を悪くしてしまう原因となります。生活習慣を見直して、適度な運動と質の良い睡眠を心掛けるようにしましょう。

癖による骨格の歪みが原因

普段何気なく行っている癖が、骨格の歪みを作る事もあります。骨格が歪みも、ほうれい線の原因となるのですよ。また骨格が歪むと左右のバランスが崩れてしまうため、片側だけ深いほうれい線が出来たりしてしまう可能性も高くなります。食べ物を食べる際に片側の歯で噛んだり、頬杖をついたり、いつも同じ腕で鞄を持ったりと、無意識のうちにやってしまいがちな事に注意しておく必要があります。心当たりのある場合は、普段から意識するようにしていつもと反対側の歯で噛んだり、持ったりするようにしましょう。

しわは年齢と共に出来るだけでなくダイエットや肌荒れなどのあとにも起こりえるものです。年齢と共に出来るものにはビタミンをたっぷり取りコラーゲンを維持することで改善の可能性もあります。